fc2ブログ

記事一覧

クリスマスのプレゼント

今日はクリスマス イブ。今夜、サンタがやって来る。あなたがどんな人であれ心臓は無償の愛で働いてくれるようにあなたがどんな人であれ誰もが皆んないい子だから、皆んなのところにプレゼントが届いている。プレゼントはモノとは限らず。プレゼント(今 この瞬間)に気が付く静かな心でいられますように。Monika Grafik...

続きを読む

「症状」とクラニオ

「こういう症状を持った人にセッションしてもいいでしょうか」こういう質問をよく受けます。クラニオセイクラル バイオダイナミクス(CSB)は、症状に働きかけるわけではありません。その人の内に常にある「健康」と出会い、その人の潜在力が発揮できるように手助けをします。プラクティショナーの頭の中に「症状のリスト」が一番先に浮かんでくるとき、「健康」は症状の向こう側に隠れてしまいます。症状に意識が向かっていること...

続きを読む

脳が深呼吸するクラニオ

CSBのセッションは、心地の良いタッチで始まり、ゆっくりと静かに進みます。仰向けで静かに横になっていると背中がマッサージベッドの中に沈んでいきます。何もしなくてもいいリゾートの砂浜で横になっているかのようにゆっくり、という時間の中で、身体全体がほぐれていきます。仙骨が脈動して暖かくなり、溶けたかのようにゆっくりと横に広がり始めます。噛みしめていた顎が緩み始めると同時に肩からも力が抜け、握りしめていた...

続きを読む

「原理」とクラニオ

クラニオセイクラル バイオダイナミクス(CSB)はボディーワークです。CSBは一般的なボディワークのような解剖学的な形のある構造への働きかけというよりも、神経系や免疫系、循環器系など外から見えない生理学的な機能をサポートし、同時に「身体」という領域を超えたもっと大きなフィールドもワークの範疇に含みます。CSBのセッションは、「身体が元々持っている、自らを癒そうとする能力」をサポートします。それは動的で積極的...

続きを読む

全体性へ溶けていく

身体システム全体が落ち着くのを待ち、導かれるように後頭部に手を置く。始めは左右差を感じる。片方に骨とは違う芯のある硬さ。頭蓋内の知覚-硬膜の緊張だろうか。主訴は「頭が締め付けられる」。そのまま待つ。意識を広げて待つ。もともと硬さを感じなかった側はすでにスペースとして実感。意識を広げたまま、さらに待っていると硬さを感じた側が変化を始める。小さな泡立ちの後、形が崩れはじめる。角砂糖を水の中に入れて待っ...

続きを読む

プロフィール

木村まや

Author:木村まや
1994年にクラニオセイクラル ワークに出会い、それからずっとこのワークの探求を続けています。

最新コメント

最新記事一覧(サムネイル画像付き)

巡る呼吸(ワークショップ)2/25(日) Feb 04, 2024
イグニッションとクラニオ Dec 01, 2023
「導かれる」とクラニオ Mar 12, 2023
達成するものは何もない Feb 04, 2023
「スペース」とクラニオ Jan 20, 2023