FC2ブログ

記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

続きを読む

思考の、その向こうに

神経による情報伝達は電気信号を介して行われます。周辺から情報を受け取り、周辺へ情報を発信するときも思考するときも脳内では電気信号がやり取りされている…。この動画を見ていると座禅や瞑想をして心を静かにしようと自分の内側に意識を向けたときにいつもより落ち着かなくなるのは脳の電気信号に出会うからかも・・・。そんな気がしてきます。しかし頭の中は電気信号を発する脳だけでなくその脳の中心には脳室と呼ばれる脳脊...

続きを読む

顎関節と生き方

昨日はトレーニング受講生向けにスーパービジョンでした。顎関節をテーマに構造、機能、神経支配、顎関節に関連する感情や症状、そしてセッションと朝から夜まで盛りだくさんの一日でした。顎関節はストレスや姿勢の影響を受けやすく、自律神経系を通して全身反応を引き起こす要素のひとつです。逆に言えば「顎関節」というピンポイントの場所だけ「正常」になれば解決ではなく、全体の中でバランスを取り戻すという意識が大切です...

続きを読む

セッションの原点に還る

クラニオセイクラル バイオダイナミクスのセッションは毎回ここから始まります。まず自分自身が静かに落ち着くこと。それから「この身体システムはどれくらい静かに落ち着くことができるか」の観察。身体システムが落ち着くと身体はまるごと全体として調和がとれてきます。カラダが全体性を思い出すようになると活力とも生命力とも呼ばれるポーテンシー(潜在力)はより働きやすくなっています。ヘルス(健康)に意識を向けるワー...

続きを読む

昔々…

昔々…Dr. サザーランドという方が気が付きました。より広いフィールドからやってきて私たちの身体を通過するTide(潮汐)と呼ばれる宇宙的な動き。彼の発見を基にして発展してきたクラニオセイクラル バイオダイナミクスという名前のボディワーク。Tideが私たちを通過するときに生じる本質的なリズムを通して知覚する活力、生命力。私たちを創造し私たちを維持し私たちを修復する人を超えた大いなるチカラ。そのチカラを使って身体...

続きを読む

バイオダイナミック的な健康とは

健康は常に存在します。それは、”病気や症状、問題がないことを健康とする” のではなく、人生を通して維持されるすべての生命力の調和と協力のことを健康と呼ぶ、という意味です。生命力はポーテンシー(潜在力)と呼ばれ、微細でリズムを持った潮汐(Tide)のような動きの中で身体全体へと広がっていきます。運動と静止の間のバランスのとれたリズミカルな行ったり来たりする動きは、各細胞の代謝機能や身体の全ての体液をとりま...

続きを読む

プロフィール

木村まや

Author:木村まや
1994年にクラニオセイクラル ワークに出会い、それからずっとこのワークの探求を続けています。

最新コメント

最新記事一覧(サムネイル画像付き)

どんなに困難な時にも存在する健康 May 05, 2018
2017年10月 卒業式 Nov 12, 2017
全体性へ融けていく Sep 28, 2017
全体性の中で休息する Sep 20, 2017
液の中で始まる生命 Sep 10, 2017
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。