FC2ブログ

記事一覧

終わっていない傷

たとえば、どこかを怪我した場合、通常は時間の経過とともにその傷は薄れて、やがてどこを怪我したのか分からなくなってしまいます。年齢が上がれば、回復に時間がかかりますが、それでも傷痕はだんだんと薄くなっていくことでしょう。

ところが、何年経っても薄くならない傷痕というものがあります。色が赤かったり、盛り上がっていたり。何十年も前の傷だし、痛みもないし、普段は忘れていて、時々誰かに「ここ、どうしたの?」と聞かれたり。そのような傷は、もしかしたら「終わっていない傷」かもしれません。

怪我をした後の、自然と通過するプロセスが中断されたりして、そこに余剰のエネルギーが残ることで「生きている傷」として何年も、何十年もそこに忘れ去られているのかもしれません。

そういう傷痕に優しく静かに触れていると、細かい振動を感じたり、あるかないかの熱を感じることがあります。静かに、静かに、傷痕と一緒にいると、振動が大きくなったり、熱が放出されたり、熔けていくような感覚とともに、何かが通り過ぎていくのを感じたりします。そのとき、その傷ははじめて「完了」し、それからゆっくりと薄くなっていきます。
スポンサーサイト



プロフィール

木村まや

Author:木村まや
1994年にクラニオセイクラル ワークに出会い、それからずっとこのワークの探求を続けています。

最新コメント

最新記事一覧(サムネイル画像付き)

2019年 セミナー6 Oct 05, 2019
生命からの質問 Aug 26, 2019
大きな期待と知りたい気持ち Aug 21, 2019
心を鎮めるために Aug 17, 2019
そして、今もクラニオの道を往く Aug 13, 2019