fc2ブログ

記事一覧

事故とクラニオ(1)

事故に出会うと身体システムはショックを受けます。交通事故、転倒、落下、その他外部からの高衝撃があると身体の中の秩序が乱れ、リズムが消えてノイズでいっぱいになります。こういうとき、まずは病院の診察なり治療なりを受けて、その後にできるだけ早くクラニオセイクラル バイオダイナミクスのセッションを受けられることをお勧めします。

ショックを受けた身体システムは、触れてみると大嵐の海のようです。クラニオセイクラルバイオダイナミクスで言うところの第一次呼吸(原初呼吸)のリズムは混沌としたノイズに覆いかぶさられて、本来の治癒力を発揮できません。この状態では、治癒力を発揮するポーテンシー(潜在力)は大波を動かすために使われてしまい、そのままでは身体システムは疲弊してしまいます。

このような場合、セッションでは「いかに落ち着くか」「いかに鎮まるか」が目的になります。ノイズや大波が鎮まって、本来の統一性のある第一次呼吸の波が戻ってくれば、身体は自分でなすべきことを始めます。
スポンサーサイト



プロフィール

木村まや

Author:木村まや
1994年にクラニオセイクラル ワークに出会い、それからずっとこのワークの探求を続けています。

最新コメント

最新記事一覧(サムネイル画像付き)

巡る呼吸(ワークショップ)2/25(日) Feb 04, 2024
イグニッションとクラニオ Dec 01, 2023
「導かれる」とクラニオ Mar 12, 2023
達成するものは何もない Feb 04, 2023
「スペース」とクラニオ Jan 20, 2023