FC2ブログ

記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

基礎トレーニング カリキュラム

クラニオ ジャパンで提供するトレーニング カリキュラムは、ICSBのカリキュラムに準拠しています。

クラニオ ジャパンの提供する
「クラニオセイクラル バイオダイナミクス 基礎トレーニング」は、
学習時間が900時間に及び、自由研究を含む
すべての過程を修了するのに4年をかける
総合的なトレーニング プログラムです。
カリキュラムは以下の3つの構成により成り立っています。

1)ティーチング プログラム(セミナーでの講習)
2)練習(セミナーとセミナーの間に行ないます)
3)自習(セミナーとセミナーの間に行ないます)


1)ティーチング プログラム

内容は以下のように2つに分かれます。
◆クラニオセイクラル固有の領域を扱う授業
◆クラニオセイクラルに必要な基礎知識
・発生学、解剖学、生理学、病理学、神経学
・心身医学 psychosomatic、トラウマの解消
・リソース志向の問診、評価、倫理、衛生学

ティーチング プログラムはセミナー1~6として提供されます。
各セミナーは前半と後半を合わせて9日間になります。


2)練習

・練習セッション:少なくとも100回
(練習セッションはセミナーとセミナーの間に無償で行ないます)
・練習の中からケーススタディとして詳細な記録を2回
・スーパービジョン:20時間
・スーパービジョン下での練習
・フィードバック セッション:3回
(講師/アシスタントにセッションを提供し、フィードバックを受ける)
・セッションを受ける
 - プラクティショナーから20セッション
 (3人以上のクラニオセイクラルのプラクティショナーから)
 - 同僚から40セッション


3)自習

・ホームワーク
・学習分野の参考文献を読む
・教材の学習

・クラニオセイクラルに関連する解剖学の学習
・創造的な研究プロジェクトを論文形式で完成する
※クラス外での練習および自習もカリキュラムの一部として時間カウントされます。


◆スキルと学習の評価方法

習得した知識、技術は以下の方法で評価されます。
・フィードバック セッション、チュートリアル、スーパービジョン
・セッション記録、ケーススタディ、ホームワークを討議
・筆記試験

スポンサーサイト

プロフィール

木村まや

Author:木村まや
1994年にクラニオセイクラル ワークに出会い、それからずっとこのワークの探求を続けています。

最新コメント

最新記事一覧(サムネイル画像付き)

どんなに困難な時にも存在する健康 May 05, 2018
2017年10月 卒業式 Nov 12, 2017
全体性へ融けていく Sep 28, 2017
全体性の中で休息する Sep 20, 2017
液の中で始まる生命 Sep 10, 2017
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。