FC2ブログ

記事一覧

スティルネス

ある日のセッション、
身体システムは最後に「スティルネス」に入っていきました。

ハンド ポジションを変えるごとに落ち着きが深まる。
中心軸-ミッドラインが整って、
ハンド ポジションを後頭部に変えたところ
スーッっと、スティルネスのゾーンへシフト。

water-bubbles-under-the-sea.jpg


時間を超えた空間。
静寂の中に落ち着きながら外界の事象も分かる。

漫画の擬音のように「シ―――――ン」という無音の音がする。
思考があっても、それと距離がある。
感情があっても、それと距離がある。
内と外、その両方を俯瞰して見る。

これを初めて体験すると、「なぜだろう」と
起こった現象に疑問符がいくつも浮かびます。
いつもと同じようで、いつもと同じではない。
不思議な感覚。


立ち上がったときのグラウンディングのために、
起き上がる前にしっかりと足に触れます。

空中に浮かんだような、
水中に浮かんだような、スティルネス。

施術者として共有させていただいた
素敵な時間、そして空間でした。
ありがとうございます。
スポンサーサイト



プロフィール

木村まや

Author:木村まや
1994年にクラニオセイクラル ワークに出会い、それからずっとこのワークの探求を続けています。

最新コメント

最新記事一覧(サムネイル画像付き)

「手の位置が決まらない」とクラニオ Jan 27, 2021
「楽しい」とクラニオ Jan 18, 2021
「脳」とクラニオ Jan 18, 2021
痛み ー 身体を思い出す機会 Sep 17, 2020
「不思議の入り口」とクラニオ Jul 27, 2020