FC2ブログ

記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

手の中の感触

クライアントさんからよく質問されることのひとつに「何もせずに触れていて、どんなことを感じているんでしょうか?」というものがあります。

感覚を言葉で説明することはとても難しい。身体システムの状況によって異なるし、同じセッションの中でも状況は刻々と変わり、質感、密度、温度など触覚を通してやってくる情報、イメージや映像のように視覚化された情報など、さまざま。

たくさんある感覚の中に、「高エネルギーが身体の中で混沌としている感じ」というものがあり、それは「細かく光る断片化した粒子が分散してキラキラしている」のような視覚的イメージとして感じられることがあります。

言葉で言ってもなかなか通じないと思っていましたが、先日、それとよく似た動画を見ました。それは、原発内の様子を内視鏡で映したもので、注釈に「ちらちらする白い斑点はγ線によるノイズ」という説明が付いていました。私が感じている同じような状況をノイズという言葉で説明することもありますが、まさにソレ。

私が感じているヒトの中の光る粒子は、クラニオセイクラル バイオダイナミクスの世界ではポーテンシー(潜在力)と言われる生命力…だと思っていますが、まさか放射性物質と似ているとは。どちらも高いエネルギーを有している、ということでしょうか?

gamma.jpg

ちらちらする白い斑点はγ線によるノイズ。
福島第1原発2号機格納容器内部工業用内視鏡映像1 (動画)

外部からの強い衝撃、打撲、骨折、精神的ショックなどが原因なのでしょうか。「高エネルギーが身体の中で混沌としている感じ」…が続くと表面上は何もないようでも内部が疲弊してくるようです。このような場合は、この混沌が鎮まって、整列し、一貫性を持った、つながりのある流れを取り戻すことがセッションの目的となります。高いエネルギーがひとつのまとまりを持ち始めると、身体システムはそれを使って自ら必要な修復を行い始めます。




スポンサーサイト

プロフィール

木村まや

Author:木村まや
1994年にクラニオセイクラル ワークに出会い、それからずっとこのワークの探求を続けています。

最新コメント

最新記事一覧(サムネイル画像付き)

どんなに困難な時にも存在する健康 May 05, 2018
2017年10月 卒業式 Nov 12, 2017
全体性へ融けていく Sep 28, 2017
全体性の中で休息する Sep 20, 2017
液の中で始まる生命 Sep 10, 2017
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。