FC2ブログ

記事一覧

身体は3Dの曼荼羅(まんだら)だった。

アリゾナの解剖研修から戻って以来、あれはいったい何という体験だったのだろうと自分で自分に問いかけていた。昔々、ネパールでヒマラヤのトレッキングをし、インドのあちこちを旅した後に、プーナで一カ月くらいのペインティング ワークショップに参加したことがある。毎日いろいろな実験を繰り返しながら最後に大きな紙を2枚つなげて1枚にして、樹々や草花を見ながらそこに色を重ね続ける。時には乗せた色を水で洗い流す。タイ...

続きを読む

プロフィール

木村まや

Author:木村まや
1994年にクラニオセイクラル ワークに出会い、それからずっとこのワークの探求を続けています。

最新コメント

最新記事一覧(サムネイル画像付き)

不思議の入り口 - 液状の身体 Jul 27, 2020
怖れから、学びへ そして成長へ Apr 13, 2020
回復するチカラ(脳梗塞の改善) Jan 04, 2020
計測は可能なのか Nov 15, 2019
2019年 セミナー6 Oct 05, 2019