記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

続きを読む

仙骨に触れながら

動画 ← リンク先で観ることができます。いつも触れている仙骨は、こんなにもキッチリ、バッチリ、シッカリと靭帯や筋肉で支えられ、包まれています。なのに私の手は仙骨を感じるんですね。骨の形だけでなく、そのクォリティ、その息遣い、周囲とのつながり…。訓練を重ねたクラニオセイクラル バイオダイナミクスのプラクティショナーは、身体のどこに触れても、個々の構造を通して身体全体につながります。時に形あるものとして。 ...

続きを読む

イントロダクション 3月 加古川(兵庫)

◆生命の力に触れるボディワーク 生まれたばかりの赤ちゃんにも、 困難な状態の方の中にも、同じように存在する生命力とは? 外から見たら、ただ静かに触れているだけのワークの中で実際に何が提供されているのか? この2日間では、クラニオセイクラルに関わる解剖学を含め、 微細な生命のリズムに出会うための準備や タッチをご紹介し、実践します。このコースは、以下の方々のお役に立つでしょう:•セッションを受けながら「これ...

続きを読む

イントロダクション 2月、3月 新大阪

◆生命の力に触れるボディワーク 生まれたばかりの赤ちゃんにも、 困難な状態の方の中にも、同じように存在する生命力とは? 外から見たら、ただ静かに触れているだけのワークの中で実際に何が提供されているのか? この2日間では、クラニオセイクラルに関わる解剖学を含め、 微細な生命のリズムに出会うための準備や タッチをご紹介し、実践します。このコースは、以下の方々のお役に立つでしょう:•セッションを受けながら「これ...

続きを読む

医学的アプローチとの相違点

クラニオセイクラル バイオダイナミクスは健康に意識を向けたアプローチです。それは健康と心身の快適な状態をサポートします。バイオダイナミクスのアプローチが目指すゴールは、自己調整力を取り戻すことです。自己治癒力を維持または回復するためには、生命力が活気付けられる必要があるかもしれません。この方法はまた全体性へつながるプロセスであり、本人自身のプロセスに対する責任をサポートします。クラニオセイクラル バ...

続きを読む

脳室のワーク

クラニオセイクラル バイオダイナミクスのトレーニングにて、脳室のワークをしました。脳室とは、脳の中心にある空洞で脳脊髄液で満たされています。発生学、生理学的に、私たちが受精卵から次々と姿を変えて育っていくとき、脳よりも先に液で満たされた空洞が生まれ、それがやがて脳室になります。脳は脳室の周辺に後からやってきます。脳脊髄液は中枢神経系に栄養を与えると言われていますが、それは、まず脳の内側から届けられ...

続きを読む

普遍的な力に委ねる

ロングタイドと呼ばれる普遍的な、宇宙のリズムに委ねるとは、表層的な個々の問題に焦点を合わせるのではなく、もっともっと深く根源的なヘルス(健康)につながること。その悠久のリズムは、海岸の波のようにやってくる毎に、オリジナル マトリックス-DNAが働くよりももっと前に働く私たちを作り上げる設計図の意図-を思い出させてくれます。意識を広大なフィールドへ広げ、同時に中心軸にもつながっている。大地に根を下ろしな...

続きを読む

プロフィール

木村まや

Author:木村まや
1994年にクラニオセイクラル ワークに出会い、それからずっとこのワークの探求を続けています。

最新コメント

最新記事一覧(サムネイル画像付き)

2017年10月 卒業式 Nov 12, 2017
全体性へ融けていく Sep 28, 2017
全体性の中で休息する Sep 20, 2017
液の中で始まる生命 Sep 10, 2017
水平と垂直 Aug 10, 2017
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。