FC2ブログ

記事一覧

そして、今もクラニオの道を往く

高村幸太郎の詩「道程」はもともと とても長いものだったそうです。それを読んで、「クラニオを学ぶ道」のことを思いました。先人が見つけたクラニオのワークを私たちが自分自身の体験を通して学ぶ時そこは未知の領域であり、謎がいっぱいであり理性的に考えたら訳の分からないことばかり。自分は何をしているのだろうと迷うこともありました。迷いつつ、戻りつつ、20年を優に超えて今もまだ感謝の気持ちとともにクラニオの道を歩...

続きを読む

イントロダクション@札幌 2019

2019年7月、札幌にてイントロダクション2日コースを開催しました。クラニオの歴史メカニックのクラニオバイオダイナミックのクラニオ第一次呼吸/原初呼吸潜在力/ポーテンシー体の中に光を感じる/バイオフォトン触れるために知っておくこと/準備すること脳脊髄液の旅意識とフィールド中核、中心軸…美味しいランチを堪能しながらバイオダイナミクスな2日間でした。会場は、ご縁があって風の音治療院さまの場所をお借りしました。...

続きを読む

どんなに困難な時にも存在する健康

クラニオセイクラル バイオダイナミクスイントロダクション 2日コース、第1日目終了。中心に定まり、自分の内側に見つける安定。ニュートラル状態にアクセスする練習。大波に揺られる船と人。その背景に不偏の富士。それは、どんなに困難な時にも必ず存在する健康と同じ。...

続きを読む

全体性へ融けていく

身体システム全体が落ち着くのを待ち、導かれるように後頭部に手を置く。始めは左右差を感じる。片方に骨とは違う芯のある硬さ。頭蓋内の知覚-硬膜の緊張だろうか。主訴は「頭が締め付けられる」。そのまま待つ。ひたすら待つ。もともと硬さを感じなかった側はすでにスペースとして実感。さらに待っていると硬さを感じた側が変化を始める。小さな泡立ちの後、形が崩れはじめる。角砂糖を水の中に入れて待っていると何もしていない...

続きを読む

全体性の中で休息する

全体性の中で神経系が十分に休むこと。それだけで回復できることがとてもたくさんある。 ...

続きを読む

プロフィール

木村まや

Author:木村まや
1994年にクラニオセイクラル ワークに出会い、それからずっとこのワークの探求を続けています。

最新コメント

最新記事一覧(サムネイル画像付き)

心を鎮めるために Aug 17, 2019
そして、今もクラニオの道を往く Aug 13, 2019
セッション フィードバック Aug 09, 2019
イントロダクション@札幌 2019 Jul 29, 2019
フィードバック(蝶形後頭軟骨結合へのアプローチ) Jul 29, 2019