fc2ブログ

記事一覧

10月のクラニオ集中月間が終わる

10月のバイオダイナミクスのクラニオ トレーニング、基礎も上級もすべて終了しました。基礎のセミナー4は3年間の中でもピークと言って良い難所でもある。カテゴリとしては上級初心者。セミナー1では、痛みや不快に目を向ける一般的なアプローチとは180度違う健康に意識を向けるという訓練が始まり、実践を繰り返しながら「身体システムの健康の表現」を知覚することに慣れてきたところでやって来る次のステップ。「健康」に意識の...

続きを読む

「リーディングエッジ」とクラニオ

クラニオセイクラル バイオダイナミクスこのトレーニングは知識と技術だけ学ぶものではありません。「リーディング エッジ」という言葉があります。それは、自分の成長の最先端という意味です。ここでは常にチャレンジがあります。バイオダイナミクスのクラニオを学ぶとき「うそ?」「ほんと?」「分からない」「これでいいの?」「自分だけできていない?」「みんなは分かってる?」と思うようなことが多々あります。自分だけ分か...

続きを読む

「手の位置が決まらない」とクラニオ

クラニオセイクラル バイオダイナミクスのセッションでは、どこから始めて、途中がどうなるか、どの場所で終わるか…は、予め決まっていません。基本的な考えとして、最初に触れる場所は触れてもOKなところ、楽に感じられるところ、気にならないところ…であって、痛みや不快感のある場所をあえてスタート場所には選びません。その場所をクライアントと一緒に探しますが「どこでもOK」な人もいれば「どこだったらOKなのだろう?」と...

続きを読む

「不思議の入り口」とクラニオ

クラニオセイクラル バイオダイナミクス。クラニオ ジャパンの提供する「プラクティショナー養成・基礎トレーニング」では、このワークをボディワークとして学ぶカリキュラムになっていますが、実際のところ「ボディ」とは何だろう?と思うことが良くあります。このワークの興味深いところは、プラクティショナー(施術者)がニュートラルと呼ばれる状態になり、それが心身共に安定すると「不思議なドア」が開くこと。「不思議なド...

続きを読む

2019年 セミナー6

基礎トレーニングの1~6までのセミナーは約3年かけて開催されます。そして、今年はセミナー6までコツコツと学び続けた人たちが、最後のステップへ歩を進めています。中心から宇宙へ。宇宙から中心へ。私たちを超える大いなるものとの関わりについて…イントロダクションでも紹介したことを、セミナー6では ICSB創始者 Bhadrena のガイドで丁寧に、丁寧に「実感を伴う」ように、系統立てて理解できるように進行していま...

続きを読む

プロフィール

木村まや

Author:木村まや
1994年にクラニオセイクラル ワークに出会い、それからずっとこのワークの探求を続けています。

最新コメント

最新記事一覧(サムネイル画像付き)

「感じる」とクラニオ Dec 14, 2021
10月のクラニオ集中月間が終わる Oct 25, 2021
「リーディングエッジ」とクラニオ Oct 03, 2021
「水平と垂直」とクラニオ Mar 08, 2021
「手の位置が決まらない」とクラニオ Jan 27, 2021